AREA Original Living Table “VOLCANO”

About This Project

インテリアブランド“AREA”の為にデザインしたリビングテーブル。特徴的な形状の天板は、ウォールナットの中でも希少な「クラロウォールナット」という樹種で、北米産のブラックウォールナットにヨーロッパ産のウォールナットを接ぎ木して作られる非常に珍しい樹種です。接ぎ木による拒絶反応で独特な木目と杢が出やすく、とても印象的な表情を作り出します。

 

また、接ぎ木によって作られるクラロウォールナットはもともと数が少ないことに加えて、非常に成長が遅く大径木になりにくい樹種ですので、今回のように1mを超えるような輪切りの板は非常に希少価値が高いです。厚みも一般的なテーブル天板の倍近くある70mmありますので、どんなソファと合わせても力負けしない迫力があります。

 

輪切りのテーブルというとややもすると、民芸調の野暮ったいイメージになりがちですが、天板のエッジの処理や脚先の真鍮がアクセントとなっている金属を使ったスッキリとした脚にする事で、モダンなインテリアにも合わせられるデザインとなっています。

 

living table VOLCANO
Size:W1370・D1100・H380
Material :クラロウォールナット・スチール・真鍮

Design:Ken Nozawa

Date

2018.11

Category
Product Design
Tags
AREA, Ken Nozawa, Living Table, ウォールナット, クラロウォールナット, 野澤健