Archive

DSCF5833
O邸 Original Living Board

個人邸用に特注で製作したリビングボード。お客様から収納する物を伺い、サイズや扉の割り付けを決めた使い勝手を重視したデザイン。向かって左側は引き出し、他は開き扉となっています。ナチュラルな質感のナラ材をベースに引き出しの前板と金属脚は白の塗装仕上げです。扉、引き出し共にプッシュオープンタイプの金物を使い、取っ手や掘り込みの無いすっきりとした印象の仕上がりです。   O邸 Original Living Board Size:W1600mm・D400mm・H900mm Material :ナラ材ウレタンつや消し塗装/指定色7分つや消し隠蔽塗装/スチール焼付塗装 Design:Ken Nozawa...

_28A2162
A PRIORI(アプリオリ)-石と住-

ゼロファーストデザインと宮城県の石材メーカー「大蔵山スタジオ」とのコラボレーションイベント。伊達冠石は、黄土色のものや焼き物のように錆色の肌を纏うものなど様々で、 まるで彫刻作品のように造形的な表面、 そして艶やかな黒色の内面を併せ持つ石材で、世界的彫刻家のイサム・ノグチ、アーティストのリチャード・ロングらが 創作表現にこの石を用いたことでも知られています。   “A PRIORI(アプリオリ)”をテーマに、プリミティブ(原始的・根源的)な素材である石を生活の一風景に取り入れる事で生まれる豊かさを感じて頂きたく、洗面ボウルを中心とした洗面空間、ドアハンドルのコレクションを発表しました。   ※アプリオリとは感覚体験に基づく判断の事で、哲学者のカントは経験に左右されない判断を「アプリオリな判断」と呼んだ。     A PRIORI(アプリオリ)-石と住- 会期|2019年5月28日(火)〜6月9日(日) 時間|11:00〜19:00 プレスプレビュー|5月28日(火) 16:00〜17:00 オープニングレセプション|5月28日(火) 18:00〜20:30 会場|ZERO FIRST DESIGN 住所|東京都目黒区青葉台2-3-1小杉ビル青葉台1F   協賛|KOHLER・VeroMetal・nissin...

area-yukimi_1905-1
AREA “A-FIX SYSTEM 雪見”

インテリアブランド“AREA”のオリジナルアイテムとしてデザインした壁面収納。日本の伝統的な建具「雪見障子」をモチーフにした和の趣きのデザイン。外光を取り込むがごとくグリッドパターンに配された雪見障子が上下し壁面にリズムを与えます。開けるか閉めるかではなく、少し開ける少し閉めるといった途中段階の曖昧さを楽しむ日本的な美意識が感じられます。   A- FIX SYSTEM 雪見 Size:W4290mm・D370mm・H2308 Material :ホワイトアッシュ・美濃和紙・海南バザル(下部カウンター材) Design:Ken Nozawa   こちらの商品はインテリアショップ“AREA”のオリジナル商品です。商品についてのお問い合わせはAREA各店へお願い致します。 >>AREA...

IMG_4951
K邸 Original Side Board

個人邸用に特注で製作したサイドボード。木部は北海道産のニレの無垢材(部分的に突板)を使用。ニレは日本各地に分布する古来より日本文化に馴染みのある木材で、はっきりとした美しい木目が特徴的で家具や調度品の材料として多く使われます。今回は横に長いボードなのでニレの木目を活かし、中央のアルミ扉を除き木目が横に通るようにデザインしています。木部正面の四方を角度付けたカットを施しモダンな印象を与えます。脚はスチールのクロカワ素地仕上げ。真っ黒ではなくクロカワ特有のやや青みがかった酸化膜の色合いと質感が木目のはっきりとしたニレ材と良く馴染みます。   K邸 “Original Side Board” Size:W2200mm・D360mm・H850mm Material :ニレ材オイルフィニッシュ・スチールクロカワ素地・アルミフレーム・スモークガラス Design:Ken Nozawa...

IMG_4874
K邸 Original Center Table

個人邸用に特注で製作したセンターテーブル。天板には主にアメリカ北東部の古い農業・工業施設の梁や柱、壁面材を解体して再利用した古材を使い、木材の風合いを損なわないオイルフィニッシュで仕上げています。オークやエルム(ニレ)、ヒッコリーなどいくつかの樹種をランダムに組み合わせている為、それぞれの樹種が持つ異なる木目や木肌が独特の表情を作り出します。また、釘の跡や割れなどはそのまま残しているので、古材ならではのヴィンテージ感を楽しめます。フレームは古材と相性の良いスチールのクロカワ素地仕上げ。真っ黒ではなくクロカワ特有のやや青みがかった酸化膜の色合いと質感が古材と良く馴染みます。   K邸 “Original Center Table” Size:W1000mm・D1000mm・H350mm Material :古材オイルフィニッシュ・スチールクロカワ素地 Design:Ken Nozawa...

s-wardrobe-7_1903
S邸 Original Wardrobe

個人邸用に特注で製作したワードローブ。扉付きや引き出しの中に仕舞うのではなく、お店のようにハンガーで吊るしたり、畳んで陳列するような見せる収納したいとの要望だったので、収納量をキープしつつもゆったりと服を選べるような収納プランとした。   縦方向に大きく上中下の3ブロックに分けて、一番上をバッグや帽子、箱などを収納する吊り棚、中間は横にパイプを通してハンガーを掛けられるように、下段は畳んだシャツや上着などを陳列するオープン棚を基本プランとして、その中で部分部分に細かな要望を取り入れてデザイン。   サイズや棚の割付、仕上げ材の選択などはもちろん、姿見付きの扉や畳んだシャツを陳列するピッチの狭いガラス棚、店舗における陳列方法の一種「フェイスアウト」を住宅に応用するなど、随所にオーダー家具ならではのこだわりの仕様を取り入れた。   S邸 “Original Wordrobe” Size:W3000mm・D650mm・H2250mm / W1700mm・D650mm・H2250mm Material :ポリエステル化粧合板・ステンレス・クリアガラス Design:Ken Nozawa...

IMG_4834
S邸 Original Wall Cabinet & Step Stool

個人邸用に特注で製作したリビングの壁面収納とそれに合わせてデザインした踏み台。壁面収納はメープル材(一部シカモア材を使用)を使い、塗装は現在特に日本で生産される家具ではあまり使われなくなったラッカー塗装仕上げ。今現在主流となっているウレタン塗装やUV塗装に比べるとラッカー塗装は塗膜が薄い為、何度も塗り重ねる必要がありますが、塗り重ねる事で生まれる独特の柔らかいツヤは他の塗装には無い風合いをもたらします。特に今回のような飴色の塗装だと高級感を生み出します。   お客様からの壁面収納と合わせて踏み台を製作して欲しいとのリクエストがあり、収納と素材感を合わせた踏み台を特注で製作。踏み台といえば昔は家を建てた大工さんが新築祝いとして作ってあげたとか、または新米の大工さんが腕試しに作ったとも言われています。その昔ながらの安定感のある四方転びの構造をデザインのモチーフに、それをモダンな空間にも合うようにアレンジ。壁面収納と共通の素材にする事で、仮に踏み台を出しっ放しに置いてもインテリアの雰囲気を壊さず調和するようなデザインを心がけました。   S邸 “Original Wall Cabinet” Size:W3634mm・D474mm・H2200mm Material :メープル材/シカモア材ラッカー塗装・真鍮取手・面取りガラス Design:Ken Nozawa   S邸 “Original Step Stool(踏み台)” Size:W380mm・D360mm・H400mm Material :メープル材・スチール真鍮古美色メッキ Design:Ken Nozawa...

16513
S邸 Original Dining Table

個人邸用に特注で製作した楕円形のダイニングテーブル。楕円天板の周囲どこからでも座れるように両端が細くならないふっくらとした形状で、座った時に脚が邪魔にならない支柱タイプにしています。支柱やベースのスチールプレートを天板の楕円と相似形にする事で、全体的に優しい丸みを帯びた雰囲気となっています。天板にはウォールナットの無垢材を贅沢に使い、小口形状は一般的に「船底面」と呼ばれる面取りを施しています。支柱も楕円の曲面に沿ってウォールナットの突板を貼って仕上げています。   S邸 “Original Dining Table” Size:W2000mm・D1000mm・H720mm Material :ウォールナット無垢材ウレタン塗装・スチール粉体塗装 Design:Ken Nozawa...

volcano-1_181106
AREA Original Living Table “VOLCANO”

インテリアブランド“AREA”の為にデザインしたリビングテーブル。特徴的な形状の天板は、ウォールナットの中でも希少な「クラロウォールナット」という樹種で、北米産のブラックウォールナットにヨーロッパ産のウォールナットを接ぎ木して作られる非常に珍しい樹種です。接ぎ木による拒絶反応で独特な木目と杢が出やすく、とても印象的な表情を作り出します。   また、接ぎ木によって作られるクラロウォールナットはもともと数が少ないことに加えて、非常に成長が遅く大径木になりにくい樹種ですので、今回のように1mを超えるような輪切りの板は非常に希少価値が高いです。厚みも一般的なテーブル天板の倍近くある70mmありますので、どんなソファと合わせても力負けしない迫力があります。   輪切りのテーブルというとややもすると、民芸調の野暮ったいイメージになりがちですが、天板のエッジの処理や脚先の真鍮がアクセントとなっている金属を使ったスッキリとした脚にする事で、モダンなインテリアにも合わせられるデザインとなっています。   living table VOLCANO Size:W1370・D1100・H380 Material :クラロウォールナット・スチール・真鍮 Design:Ken Nozawa ...

DSCF4186
S邸 Original Dining Board

壁と壁の間のサイズぴったりに合わせて製作したダイニングボード。全て開き戸で引き出しも扉の内側に取り付ける事ですっきりとした印象を与えます。扉は鏡面のウレタン塗装、色はお部屋の建具に合わせて特注色で塗装しています。天板には御影石を使用。ピンクとグレー、白が混じった珍しい石種で、重厚な印象を与えがちな一般的な御影石とは異なりモダンな印象です。家具は床から浮かせて取り付け、家具の下にLEDの間接照明を設置しています。   S邸 “Original Dining Board” Size:W2336mm・D450mm・H620mm(取り付けH850mm) Material :指定色ウレタン塗装鏡面仕上げ・ポリエステル化粧合板・御影石 Design:Ken Nozawa...